ロマンス花水木

アクセスカウンタ

zoom RSS ジダンが拒否した本当の理由・・・?

<<   作成日時 : 2007/03/06 11:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

注)この記事の99%は憶測で構成されています。
   この記事の1%は事実で構成されています。


画像

ジダン氏「中国人選手は乱暴」チャリティー試合拒否

2006年のワールドカップを良くも悪くも盛り上げた元フランス代表のジヌディーヌ・ジダンが、現役引退後も相変わらずホットなところを見せています。。。ォオー!!(゚д゚屮)屮

これまで様々なチャリティー活動に積極的に取り組んできたジダンが、2007年6月22日に中国の四川省成都市で開催されるチャリティーマッチには参加しないことを、主催者側に通告していたそうです――しかも、その理由というのが・・・

中国人選手は乱暴で、一緒にプレーするのが恐い。中国ではもう2度と試合をしない。

だそうですから、これは素直に(*^ー゚)b グッジョブ!!と、ジダンに伝えたいですね――もちろん、ワールドカップ決勝戦での頭突き事件をもちだして、お前が言うな!と反発する声が上がってることも重々承知してはいますが・・・

それにしても、中国サッカーのラフプレーは今に始まったことではないのに、なぜまたこのタイミングで、ジダンはチャリティーマッチを拒否したのでしょうか?――ひとつ考えられるのは、チャリティー活動を目的とした中国訪問が決定した時点で、中国の主催者サイドがジダンに何の連絡もなく勝手に試合日程を組みこんだこと――中国人の尊大な大中華主義から推察すると、いかにもありそうな話ですが、それとは別に、ジダンが中国での試合を嫌がった理由について、憶測と妄想をてんこ盛りしながら次のような仮説を立ててみました

1.シセが壊されたことへの報復:2006年のワールドカップ・ドイツ大会開幕直前に、ジダンたちフランス代表は中国とテストマッチを行ってますが、それが親善試合であることを理解せずに、容赦なく相手選手を削りにきた中国人DFによって、フランスのFWジブリル・シセ右脚を骨折する大ケガを負わされ、W杯本戦を欠場しています――ジダンにとっても4年前の悪夢が再現したかのようなこのアクシデント、さぞかし特定アジアへの悪感情が募ったことでしょう

画像

2.少林サッカー事件:中国の五輪代表がイギリス遠征中に起こした数々の暴力沙汰に、改めて危機感と嫌悪感を抱いたのでは?――いくら血の気が多いとはいえ、少年時代にキャプテン・マージトキャプテン翼)」のファンだったジダンには、サッカーの試合を異種格闘技戦と勘違いしているような輩など、生理的に受け付けられないでしょう(参照:「実録!少林サッカー・・・?」)

3.ジダンの頭突きビールへの意趣返し:W杯ドイツ大会が閉幕した直後に、中国人ビジネスマンが、ビール・靴・帽子それぞれの商品を対象にして、ジダンの頭突きシーンをモティーフにしたデザインの商標登録を行い、2006年8月1日の時点で、すでに複数のビールメーカーから商標権転売の引き合いがきていたとか――問題のデザインには、ジダンとマテラッツィの輪郭しか描かれていないので、肖像権の侵害にはならないというのが、件の中国人ビジネスマンの見解だそうですが、ジダンが聞いたらさぞかし不愉快な思いをしたことでしょう

4.中国人と韓国人を混同?:たしかに容貌だけを見ても
(  `ハ´)中国人
<丶`∀´>韓国人

の区別をつけることは、同じ極東アジアの人間にもむずかしいですし、ましてやその両者がともに、実力の差をラフプレーで解消しようとする削りサッカーを身上としているとなれば、非アジア人のジダンには、自分を壊した韓国人とシセを壊した中国人がイコールに思えても仕方ないでしょうね・・・

もっとも中国サイドは、自分たちがなぜジダンに嫌われたのか、さっぱり理解できていないらしく、せめて清華大学チームとの親善試合にだけは出場してもらおうと、ジダンを説得中とか。。。( ゚д゚)ポカーン

そりゃあたしかに、相手を削りにくるプレースタイルは、ヨーロッパや中南米でもフツーに見られますし、2002年のワールドカップで韓国代表に削れ!と指示を出したのは、オランダ人のフース・ヒディンク監督(有罪オメ!)でしたけど、上手な選手が削りにくれば身体を張った激しいディフェンスていどで済むのを、もともと下手くそな特亜人が同じことをやるから、一流選手が大ケガをするわけで・・・

ましてや、代表チームよりもはるかに格落ちする大学生のチームが相手となれば・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

画像


ここで不安になったのですが、もしかしてジダンの目には、極東アジア人が全部同じ民族・国民に映っているのかもしれません――最悪、ヨーロッパでは、日本人も中国人や韓国人の同類に思われていたりして...Σ(゚д゚lll)ガーン

いえいえ、ジダンはどうだか知りませんけど、2002年のワールドカップで日本ラウンドと韓国ラウンドの両方を経験した元ドイツ代表のオリバー・カーンには、日本人と韓国人の区別がちゃんとついているようです

昨年のワールドカップ・ドイツ大会3位決定戦で主審を務めた上川徹レフェリーについて、試合後カーンは、わたしの代表最後の試合がこのような日本人主審で良かったと、その冷静でフェアなジャッジを絶賛していました(参照:「上川主審有終、世界が絶賛/3位決定戦」)

画像

ホスト国の立場もどこへやら、カーンとクローゼの黒枠の写真がついた死ね!」のプラカードを掲げてドイツ代表を出迎えた韓国人と、あのイングランド・サポーターからもPERFECT HOSTと讃えられた日本人を混同するなど、カーン様に限ってはありえませんよね

注)この記事の99%は・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ジダンが拒否した本当の理由・・・?」について
「ジダンが拒否した本当の理由・・・?」について 目頭が熱くなるような記事です。 キララさんの冷静で居て、熱い感性には、 いつも感心させられます。 ありがとう、キララさんそして、ジダン&カール・・・・ ...続きを見る
Leopon's
2007/03/07 11:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

photo of the day



news


magazines


access counter & fortunetelling






ロマンス花水木
お気に入りリストを表示
ジダンが拒否した本当の理由・・・? ロマンス花水木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる