ロマンス花水木

アクセスカウンタ

zoom RSS 神曰く、隣に○○を入れておいた・・・

<<   作成日時 : 2007/03/09 18:56   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


スイス軍、ついうっかりとリヒテンシュタインに侵攻

2007年3月2日(金)10:01PM AP通信
チューリッヒ(スイス):スイス軍歩兵中隊が、夜間行軍で道に迷って隣国へ侵入し、通常の訓練として始まった軍事演習を、すんでのところで厄介な外交問題にもなりかねない事態へと発展させてしまった。

スイスの日刊紙「ブリック」によると、木曜日(1日)未明に、歩兵170名が道に迷い、境界線のない国境を乗り越えて小公国の領内へ1マイルばかり入り込み、その後間違いに気づいて引き返したという。

スイス軍のスポークスマンはこの記事が事実であることを認め、誤って侵攻したからといってそれが深刻な影響をもたらすことにはならないだろう、とも言明した。
「すでにリヒテンシュタイン当局には事情を説明してあり、何ら問題はありません」と、ダニエル・ライスト(報道官)はAP通信に語った。

同じくリヒテンシュタインの当局者も、この事件を深刻に受け止めてはいなかった。
内務省報道官のマークス・アマンによると、スイス兵の出現に気づいたリヒテンシュタイン人はひとりもいなかったし、兵士たちもアサルトライフルを携行していたとはいえ、弾薬は装填していなかったらしい――「攻撃用ヘリの類で強襲されたわけではありませんから」

リヒテンシュタインは人口約3万4000人で、ワシントンDCよりもわずかに小さく、軍隊を保有していない。

  2007年3月2日付「washingtonpost.com」より(訳:Kirara405)

宮崎駿監督作品ルパン三世 カリオストロの城に出てくるカリオストロ公国のモデルになったともいわれるリヒテンシュタイン公国――スイス連邦とオーストリア共和国の狭間にあって、外交と防衛をスイスに代行してもらっている最後の絶対君主国家にして非武装中立、タックスヘイブンのリヒテンシュタインにとって、保護者格のスイス軍が夜中に侵攻してくるとは、まさに寝耳に水の大事件だったでしょう

にもかかわらず、スイス側の釈明を全面的に受け入れてたいしたことはありませんと、余裕で事態の沈静化を図る大人の対応と信頼感、本当にうらやましい話です・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイ

そもそも洋の東西を問わず、隣り合った国同士というのは伝統的に仲が悪いのがお約束で、ましてや今回は、スイス軍が一方的に“侵攻”したわけですから、ナチス・ドイツのポーランド侵攻によって第二次世界大戦の火蓋が切られた歴史を抱えるヨーロッパ人にしては、リヒテンシュタイン側の対応がいささかおっとりしすぎの感もあります...Σ(・ω・`ノ)ノ !?

外交と防衛を委託してるだけあって、よほどスイスのことを信頼してるのだろうなと思いきや、意外にも22年前には、やはりスイス軍の信じられないミスによって、両国の間に緊張が走ったこともありました(`・ω・´) シャキーン

スイスがリヒテンシュタインに“侵攻”

171名の屈強なスイス軍歩兵中隊が、隣国の領内へ2qほど侵入してから間違いに気づき、引き返していった。
リヒテンシュタイン当局は、この不法侵入を重大事だとはみなしておらず、事の次第についてもスイス側から説明された内容しか知らないと語っている。

1985年には、ロケット砲の誤射によって森林を炎上させた件で、スイス政府がリヒテンシュタインに賠償金を支払うはめになったことがあった。
(中略)
BBCのポール・レッグによると、今回の事件にスイス政府は困惑しているものの、1985年ほど事態は悪化していないようだ。
保護林が焼き払われたときには、長期にわたる両国間の論争へと発展していった。

   2007年3月3日付「BBC NEWS」より(訳:Kirara405)

つまりリヒテンシュタインとスイスの信頼関係というのは、ただの仲好し小好しなんかじゃなくて、それなりに紆余曲折を経たあげくに築かれた本物の絆だったんですね――だから方向音痴の指揮官がヘマをしたていどの事態にいちいち騒ぎ立てることなく、ちょっとした間違いで片付けられるわけです゚.+:。(・ω・)b゚.+:。グッ

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

翻って我が日の本の周囲を見渡せば――「ついうっかり」どころか、隙あらば日本の領土と領海を奪い取ろうと、虎視眈々と機会を狙っているハゲタカまがいの隣国が目白押しでして・・・il||li _| ̄|○ il||li

日本の周辺国の中では、礼節を心得て親日度が高いと思われる台湾でさえ、こと歴史認識と尖閣諸島の問題がからんでくると、とたんに蒋介石以来の外省人濃度がupするみたいですし、それ以外のロシア・中国・朝鮮半島にいたっては、これまで日本が独立を保ってこられたのがほとんど奇蹟のような存在でしかありません

国家ぐるみで犯罪を商売としていながら、みかじめ料代わりの経済支援をなにも行っていないと、盗っ人猛々しく日本を非難している北朝鮮は論外としても、その北朝鮮に技術を提供し、核開発を裏で支えたロシアだって、第二次世界大戦終戦時のどさくさ紛れに北海道を占領できなかったことを、いまだに悔やんでいるに違いありません

旧ソ連時代の独裁者スターリンは、1945年2月のヤルタ会談で、千島列島という報酬と引き替えに日ソ中立条約を一方的に破棄し、対日参戦することを確約しましたが、ある意味、生粋のロシア人よりもロシア的だった彼の領土拡張本能は、そのていどの報酬では満足せずに、日本が無条件降伏した8月15日以降も日本領への攻撃を続け、日本が降伏文書に調印した9月2日を過ぎてもなお、北方領土の歯舞諸島をソ連軍が占拠する暴挙に及んでいます

旧KGB出身で、ロシアを再びソ連時代の恐怖政治下におこうとしている現大統領のウラジミール・プーチンも、いわばスターリンの尻尾のような人物ですから、プーチン一派がロシアの主導権を握っているかぎり、北方領土の返還などとうてい期待できませんし、下手をすると、それこそスターリン以来の悲願だった北海道を力ずくで奪われることにもなりかねないでしょう。。。Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

次に中国ですが、相変わらずの大中華・小日本主義を貫き通して、日本領海内の海底油田漁業資源は言うに及ばず、最近では日本国内の金属製品を、お墓の線香台や花瓶にいたるまで根こそぎ強奪しかねない勢いです――先祖を祀ることの大切さを説いた孔子の教えなどどこへやら、これでは韓国に孔子のウリナラ起源を唱えられても、文句は言えないでしょうね

おまけに、経済成長に伴った中国の環境破壊は、もはや地球の癌とも言うべきレベルに達しています――先週更新した記事でも、はげ山に緑のペンキを塗った戯け者の話を紹介しましたが(参照:「青いキリン」と緑のペンキ・・・)、今度は山肌に緑ならぬ赤いペンキを塗っていたことが発覚、しかも場所まで前回と同じ雲南省昆明市富民県となれば、これはもうこのあたりの住民がDNAレベルでどこか病んでるか、あるいは中国四千年の歴史を誇る賄賂がらみでペンキを消費しなければならない事情があったと、考えるしかありません・・・(参照:「ペンキではげ山緑化」に続き、「風水で真っ赤な山」が出現!―雲南省昆明市

驚いたことに、こちらの山も赤ペンキを塗られた理由が風水だったそうですけど、ほかならぬ風水を環境破壊の最強兵器として用いるような民族は、できれば永久に敬して遠ざけたいものです。。。ゞ(++) シッシ

画像


そして(北朝鮮を別にすると)最大の反日国家にあたる韓国ですが――実は最近、非常に興味深い調査結果が報告されています...(-_・)ン?

その調査結果というのは、3月6日にイギリスのBBC放送が公表した国際世論調査で、27カ国2万8000人を対象にして実施されたこの調査では、リストアップされた12カ国について、「世界に好い影響を与えているか、好からぬ影響を与えているかという二者択一方式で回答する設問が用意されていました――そして何とこの調査で、日本は好ましいという回答の割合が54%と最も高く、同率のカナダと並んで堂々の好印象度1に輝いたのです(参照:世界へ好影響、日本がトップ=中韓では「否定的」−国際世論調査

ところが・・・

画像国際世論調査の結果を伝えた韓国の聯合ニュースの記事では

1.北朝鮮が、イスラエル、イラン、アメリカに次いで、好ましくない影響を与えている国のワースト4位になったこと

2.アメリカに代表されるように、軍事力を増強している国々への評価が厳しいこと

3.好ましい影響を与えている国の中では、カナダ(54%)、EU(53%)、フランス(50%)などが上位を占めたこと

4.この調査で韓国は、評価対象としてリストアップされた12カ国の中に含まれていなかったこと(←実はここが一番重要だったとかw?)


以上の4項目を報じただけで、日本がカナダと並んで好感度1位になった事実は、なかったこととしてものの見事に封殺されていました

これぞまさしく韓国版大本営発表ですが、聯合ニュースが日本を無視してくれたおかげで、回答を寄せた27カ国のうち中国と韓国だけが、日本に対して好ましくないとの否定的な評価を下したという、もうひとつの事実も葬り去られてしまいました( ´,_ゝ`)プッ

ちなみに中韓両国の日本に対する評価は

中国    好ましい(18%)   好ましくない(63%)
韓国    好ましい(31%)   好ましくない(58%)

回答しなかった人間は、日本に対して関心がないということでしょうか?――相手が特定アジアの場合には、頼みもしないのに粘着されるよりは、むしろ無関心のまま放置されてるほうがありがたいのですが・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

隣人に恵まれた国と恵まれなかった日本――そういえば、こんなジョークを以前ネットで見かけたことがありました...---7(^-^7)--- ドレドレ

神はまず天と地を造った。海と山を造った。そして日本という国を造った。
世界一美しい風景と、世界一美味しい食べ物と、世界一過ごしやすい気候を造った。

すると天使が言った。
「神様、これではあまりにも日本が恵まれすぎています!」

神は答えた。
「心配するな。隣に○○を入れておいた」

あなたならこの○○の中に何を入れますか?(・ω・`n)ハテー

ロシア?中国?韓国?それとも・・・??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

photo of the day



news


magazines


access counter & fortunetelling






ロマンス花水木
お気に入りリストを表示
神曰く、隣に○○を入れておいた・・・ ロマンス花水木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる