ロマンス花水木

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな愛国心、大きな迷惑・・・

<<   作成日時 : 2007/03/20 03:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

Korean say "I'm Japanese".

画像


最近ネット界を賑わせている韓国人のアイ・アム・ザパニーズ騒動、そもそもの発端は、約1年半前の2005年8月8日に、韓国SBSでOAされた野心満満というバラエティ番組内で、出演者が行った次のような反日発言にありました。。。(〜_ーメ) ヒクヒク

韓国人俳優のチャ・スンウォンが横合いから一言:「悪いことする時は“日本人”と言うんだよな(スタジオ内爆笑)
チャ:(カメラ目線で)「必ずね」(大爆笑)

役者に美味しいところを持っていかれたと内心焦ったのか、コメディアン組も負けじと
足を踏んだら“すみません”
小さな愛国心ですよ
と悪ノリし、拍手喝采を浴びていましたヽ(*`Д´)ノゴルァ!!

画像

悪いことをする時は必ず“日本人”と言うって、最初から悪いことをするつもりで外国に行くんですか?――それに日本人になりすますことが小さな愛国心って・・・⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪

どういう流れでこうした発言が相次いだのかはわかりませんが、これが日本だったら、番組は即刻打ち切り、問題発言を行った出演者たちも謝罪会見を開いて、当分の間、謹慎するはめになっていたでしょう――それが、韓国では気の利いたギャグとして大ウケしたわけですから、これぞまさしく、屈辱的で幼稚なコメディが好きと公言してはばからないチャ・スンウォン好みの、自虐的で幼稚なドタバタ三文芝居以外の何物でもありません

それにも増して不気味なのが、すみませんという日本語を出演者一同がすらすら口にしていたことです――もしかしたら、日本人になりすますための反日ザパニーズ教育が韓国では日常的に行われているというのも、都市伝説なんかじゃなくて、れっきとした事実だったりして・・・

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

まあ、こうした「アイ・アム・ザパニーズ」がネタで済んでるうちは、腹は立っても実害がないだけまだマシなのですが、実際に海外でザパニーズを名乗る韓国人が後を絶たないのも、これまたれっきとした事実でして・・・

いささか旧聞に属しますが、有名なケースとしては、台湾で起きた次のような事例が挙げられます...( `д´) ケッ!

「自分は日本人」交通事故で偽る
韓国の台湾駐在代表部の公用車ナンバー「外0455」を付けた車を運転していたLEE HWA SOOさん(女性・42歳)は12月15日午後、台北市重慶南路と北平西路の交差点で、タクシーと軽い接触事故を起こした。お互い相手のせいだと言い張って一歩も譲らなかったため、警察が現場に出向いて事故処理に当たった。

警察の問いに対して、LEEさんが自分は日本人だと主張したことから、警察が女性の身分を調べたところ、女性は結局「ニセ日本人」。
LEEさんは「台湾の警察はいいかげんだが、自分が日本人だと言ったら、待遇がよくなるのではないかと思った」と弁解した。

事故が発生したのは午後1時55分。LEEさんは警察官が現場に駆けつけたのを見てすぐに、自分のことを日本人だと名乗り日本語で話し始めた。外事課に英語が得意な警察官がいたが、LEEさんが日本語しか話さなかったため、日本交流協会に至急連絡した。事故処理が終わるまでに日本側の関係者が現場に到着しなかったのは幸いだった。

警察が処理を始めて1時間ほどすると、韓国側の関係者が集まってきた。警察はLEEさんが運転していた車のナンバーから、ようやくLEEさんが韓国の外交官の家族であることを突き止めたのである。警察官は、「LEEさんの様子から判断すると、夫に知られるのを恐れているようだったが、なぜ自分は日本人であると言い張ったのか分からない」と話している。

週刊台湾通信−ワイド特集」より

女は三日殴らないと狐になる」「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴るなどの諺が残るお国柄だけに、この外交官夫人が夫を怖れるのも無理はないかもしれませんけど、だからといって、国民に範を示すべき立場にある人が「ザパニーズ」を騙って事故責任を転嫁するのは(゚A゚)イクナイですよ。。。d (>◇< ) アウト!

外交官夫人に倣ったわけではないのでしょうけど、つい最近もオーストラリアのゴールドコーストで、ザパニーズ売春婦(正確には私娼)が摘発されるという事件が起きています――事件の舞台となったのは、ゴールドコーストでも有数のリゾート地として名高いサーファーズ・パラダイスにそびえるアーティーク(写真左)とQ1(写真右)の高層タワーで、彼女たちはこれらのタワーを根城にして客を取っていたそうです

画像
画像


1時間あたり240ドルを稼ぐ、この韓国人娼婦たちなら、違法売春の罪でサウスポート裁判所に出廷した後に罰金を支払うくらいは、朝飯前のことだったろう。

先週の金曜日(2月9日)に客のふりをした覆面捜査官に逮捕されるまで、ジュ・ジン(25歳)、ホ・キムリエ(32歳)、パク・アンスン(31歳)は、サーファーズ・パラダイスの売春組織で働くモグリのセックスワーカーとして、1日に2,000ドル以上もの報酬を得ていた。

そこへ売春取締特別捜査班所属の刑事たちが、2月9日付の「ゴールドコースト・ブリトゥン(The Gold Coast Bulletin)」紙に掲載された客寄せ広告に目をつけ、アーティーク(Artique)とQ1の高層タワー内のアパートメントで、売春目的の女たちと接触できるように手はずを整えたのだった。

広告には、女たちのプロフィールとして、このような客引き文句が並んでいた――「パーティ好きの日本人女子大生18歳、バストは整形無しの92D、ヒップも最高」

さらに広告では、「どんな夢も叶えてくれる何でもありのプレイ、インコール(店内サービス)/アウトコール(出張サービス)」の提供まで謳っていて、携帯電話の番号も併記してあった。昨日(2月14日)、女たちは罪を認めて、各自1,400ドルずつの罰金を科せられた。
(中略)
捜査員が二人目のセックスワーカーにサービスの依頼をすると、アーティークへ向かうように指示された。
そしてアーティークに到着したところで、捜査員の前に「アイコ」と名乗る女が現れて料金の交渉を行い、その場で逮捕されている。
(中略)
四人目の被告、ハン・ウンヨン(29歳)もやはり昨日の法廷に出廷するはずだったが、保釈後に行方をくらまし、日曜日(2月11日)にはオーストラリアから高飛びしてしまった。
警察は、アーティークで「アイコ」と名乗った売春婦が彼女であると、断定している。
(後略)

2007年2月15日「The Gold Coast Bulletin」紙より(訳:Kirara405)

画像さすが、2001年のGDP545兆ウォン(約55兆円)のうち、5%にあたる26兆ウォン(約2兆6000億円)を売買春市場が占め、2004年には売春婦たちが公然とデモを行って、「生存権を踏み潰さず、われわれの職業を認めよ」と訴えた(朝鮮日報「売春街の女性3000人が国会前でデモ」)お国柄だけあります――ていうか、GDPのなかに売買春市場が計上されている時点で、すでにどーなのよ?って感じがするんですけど

ちなみにクイーンズランド州には公娼制度があるそうなので、ちゃんと法律で定められたとおりに年間1万8,000ドルの登録料をお上に上納していれば、こんな怪しげな新聞広告を出さずとも正々堂々と売春宿を開業できたはずなのですが・・・

いや、そうした正規の手続きを経て、正業(州政府公認のセックスワーカーが正業かどうかはともかく)に就くくらいなら、最初から「ザパニーズ」を名乗ったりはしないでしょうね――何しろ、悪いことをする時は日本人と名乗るのが鉄則のお国柄ですから。。。┐( ̄ヘ ̄)┌

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

それにしても、自国民がこれだけ日本人を騙っている現実を、反日酋長盧武鉉大統領は、どう考えているのでしょうか?(・_・?) ハテ?

せっかく3年前に親日法こと親日反民族行為特別法を成立させて朝鮮総督府が置かれていた時代に憎むべき日帝に協力した親日派を処罰する、世界でもまれに見る遡及法を制定したのですから、海外で日本人のふりをしている自国民も、この際その「親日派」に加えて、どんどん処罰していただきたいものです

まあ、日本人の評判を落とすことに一役買っているザパニーズを、あのノムタンが罪に問うわけがないですけど・・・( ゚д゚)、ペッ

いや、祖国に在住していない韓国人にいたっては、海外でザパニーズを名乗るていどでは飽きたらず、大阪市立大学大学院教授にして在日コリアン3世朴一(パクイル)氏のように、韓国人犯罪者を日本人名で報道すべきといったメチャクチャな主張を、白昼堂々TVで行ったりしています。。。( ゜д゜)ポカーン

このとき朴教授が問題にしたのは、気の毒な冤罪被害者のケースなどではなくて、信者の少女たちを次々とレイプした鬼畜教祖のパウロ永田こと本名・金保の実名報道でした。。。(ー'`ーメ) ムカッ

犯罪をしたときに在日コリアンの出自を暴くというマスコミのやり方がいかがなものかと、わたしは思うわけですよというのが教授の主張でしたけど、ふだん在日コリアン・サイドから聞こえてくるのは、それとは真逆の「在日コリアンの名前はハングル語表記にしろ!」といった主張のような気がしてならないのですが・・・たしか、顧客が名刺に表記されたハングル名をちゃんと読めなかったために、「差別ニダ」と裁判を起こした積○ハ○スの在日社員なんてのもいましたよね

なのに、犯罪を犯したときにだけ通名日本名で報道しろとは、これも形を変えた「小さな愛国心」のザパニーズですか?――だったら、万が一の事態に備えて、まず貴男の通名を教えてくださいな、朴一教授――タイーホされたときには、せめてこのブログでは通名表記にさせていただきますから...( ´艸`)ムププ

画像

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

もっとも、海外で悪いことをする韓国人御用達のザパニーズ、意外と本人たちが思っているほど効果は上がっていないようです――というか、韓国人自身が、海外でのコリアン・イメージの低下に多大な貢献している有様で・・・ヾ(・∀・;)オイオイ

2006年9月5日付の「朝鮮日報」Web版に掲載された海外でひんしゅくを買う韓国人ビジネスマンという記事によると・・・

「昨年現地で有名なステーキ店で中小企業の代表らを招待して、韓国貿易館が市場開拓団の夕食会を開催した。ところが、市場開拓団の何人かが突然、キムチ、ゴマの葉、唐辛子味噌などを取り出してテーブルに広げ、焼酎と一緒にステーキを食べた。キムチの匂いがレストラン中に広まり、食事をしていた他の客に反感を買った」

いまだに海外のレストランで会食するときに大声で「コンベ(乾杯)!」と叫んで、現地の客から冷たい目で見られたり、抗議を受けたりするビジネスマンが多いようです。

KOTRAアカデミーは、このように韓国人が軽く考えがちな国際ビジネスマナーをまとめて、『国際ビジネスマナー、これだけは直そう』という冊子を作りました。

ちなみに、KOTRA韓国貿易投資振興公社が作成したこのパンフレットには

・レストランにキムチ・コチュジャン・焼酎を持ち込んではいけない。
・取引先の交渉担当者の肩書きや地位が低いからといって、相手を侮蔑する態度をとってはいけない――交渉担当者には非常に強い権限が与えられているからだ。
・中国で商談を進めるときには、たとえ相手が粗末な服を着ていても、無視してはいけない――そのような中国人は、桁外れの大金持ちである上に非常に強い影響力も持っていて、後悔するはめになることが多いからだ。


といった注意事項が書かれていたそうです...Σ(´∀`;)

画像

言い換えるならば、韓国人ビジネスマンは、海外のレストランにキムチ・コチュジャン・焼酎を持ち込むのが当たり前で、取引相手の服装や肩書きによって態度をコロコロ変えてくると・・・( ゚Д゚)ハァ??

ザパニーズやってる場合じゃないと思うんですけど

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
頬が赤いからと言って・・・
頬が赤いからと言って・・・ ...続きを見る
頬が赤いからと言って・・・
2007/03/20 17:24
元外交官が最前線で見てきた 超一級の交渉術 [by 原田武夫 (著)
ビジネス書「元外交官が最前線で見てきた 超一級の交渉術」を仕事術の観点から斬っています! ...続きを見る
<仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る...
2007/03/23 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もしかしたら、そうなんじゃないかな?って疑問が氷解する瞬間って、自分でも怖いくらい興奮してしまいますねぇ・・・
なんとか、大きな目でお隣の国を見てあげられるように、精進します。・・・できるかな?w
レオポン
2007/03/22 09:44
>レオポンさん

コメントありがとうございます(゚゚)(。。)ペコリ

σ(^-^; の場合、最近では腹が立つより先に、かの国の斜め上っぷりに笑いがこみ上げるようになってしまいましたw

お隣さんとは、友好親善をことさら強調しなくても、ごくフツーのおつきあいができればそれでいいのですが・・・
Kirara405
2007/03/22 11:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

photo of the day



news


magazines


access counter & fortunetelling






ロマンス花水木
お気に入りリストを表示
小さな愛国心、大きな迷惑・・・ ロマンス花水木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる