ロマンス花水木

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐怖のゴミ屋敷汚マック――とんでもないオーストラリアpart 3・・・w

<<   作成日時 : 2009/05/15 03:36   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
南オーストラリア州の州都で緑豊かな文化と芸術の都としても知られ、卓越した設計による街並みの美しさから「世界で最も住みたい都市」の一つに挙げられているアデレード(写真上左)――そのアデレードがこの4月半ばから、「世界で最も住みたい都市」の名声を返上したくなるような不名誉きわまりない騒動で、世界の注目を集めています。。。

騒動の震源地となったのは、アデレードでも有数の繁華街の一角にあるマクドナルドのヒンドリー・ストリート店(写真上右)で、街の中心部を東西に横切るヒンドリー・ストリートと南北に走るバンク・ストリートが交差した角に店を構えています(下地図参照)

画像

画像
真昼の外観だけを見ると堂々たる店構え(写真上)で、別にこれといって不審な点は見あたりませんが、実はこのマック、深夜になるとまったく別の表情をさらけ出していたのでした...(ΦωΦ)フフフ…

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

画像
どこの汚部屋ゴミ屋敷かと一瞬勘違いしそうになりますが、実はこれ、マクドナルドのヒンドリー・ストリート店内を撮影した動画キャプチャー画像なのです。。。il||li (OдO`) il||li



この動画を撮影したのは、22歳になるジェレミー・ブラウンという法学部の学生だそうで、動画を撮影したいきさつとその後の反響については、「Daily Mail」のウェブサイトで、次のように報じられています

脂で汚れたバーガーの包み紙やぺしゃんこに潰れたフードとソフトドリンクの容器が、店中に散らばっている。
ほとんどのテーブルと床の開けたスペースはゴミ屑でびっしりと覆われていた。

こうした光景は、日曜日の未明にこの支店に立ち寄った法学部の学生ジェレミー・ブラウンによって撮影された。

「店内に入ったら、あまりの汚らしさにみんなびっくりしてしまい、この散らかり様を他の人は信じてくれないだろうから、映像に残しておこうと考えたんだ」とジェレミーは言った。「人手が足りなかったんだろうね。順番待ちの長い行列ができてたし。カウンターの人と話したけど、こんなことはしょっちゅうだって言ってたよ」

ジェレミーは、従業員たちは「一生懸命働いていた」と主張して、彼らを責めるつもりはないと語った。

このビデオはYouTubeに投稿され、行政府の役人と地元業者を激怒させた。

ヒンドリー・ストリート深夜営業事業者会のトニー・トロピアーノは語った。「まったくもっていい恥さらしですよ。よりにもよって食べ物を扱っているというのに。当局も偉そうに高みの見物を決めこんでいないで、地に足をつけてこの現実を直視すべきですね」

地元選出の下院議員ボブ・サッチはこう述べた。「快適に過ごせるわけがないだろう。食の安全どころか、身の安全すら保証されない危険地帯なんだよ。客があそこのゴミに足を取られて転んだこともあるんじゃないかな。これほど大手のフランチャイズ店なら、厳しい管理基準を謳い文句にしているはずなのにと、客も思っていたことだろう」

マクドナルド社のジョシー・マンギーニは次のように述べた。「同店のダイニングルームの状態は絶対に容認できるものではありません。マクドナルド社は衛生基準の高さに誇りをもっております。同店のマネージャーと従業員とはすでに面談を行って、衛生管理を最高の水準に維持するよう勧告してあります。あの惨状はあまりにもおぞましすぎましたから」(訳:Kirara405)

「Daily Mail website」 2009年4月16日付より

こんなゴミ屋敷と化した汚マックで、フツーに飲食物を注文し、それらを飲み食いする人間がいるなんて、にわかには信じられませんけど、動画や写真を見ると確かに客らしき人物が写っていますし、ジェレミー君の話によると、順番待ちの列ができるほど大勢の客が店内にいたせいで、店員もその応対に追われていろいろと手が回らなかったようです。。。

まあ、だとしてもトロピアーノ氏の言うとおり、食い物商売ゴミを放置するのはいくら何でもマズ過ぎでしょう。。。てか、こんなことはしょっちゅうだって、それ、オソロシ過ぎなんですけど・・・ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

この汚部屋状態でこれまで食中毒患者が出なかったのは、まさに奇跡としか言いようがありません――まあ、こういう店で飲み食いできるような客なら、ある種の耐性ができてたとしてもおかしくはないでしょうが。。。ウギャーー ((((/*0*;)/

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

ジェレミー君は汚マックの従業員を責めるつもりはないと言明しましたが、彼の撮った動画がYouTubeに上げられた結果、ヒンドリー・ストリート店には世界中からごうごうたる非難が殺到しました――で、ここで疑問なのですが、トロピアーノ氏のコメントにもあったように、アデレードの行政当局は同店に対して何か指導や勧告を行ったのでしょうか?――日本だったら、保健所が乗り出してきてソッコーで営業停止、場合によってはお取り潰しもあり得るケースなんですけど・・・

どうやら指導や勧告を行ったのはマクドナルド社だったらしく、同社の南オーストラリア州管理責任者のミズ・ジョシー・マンギーニは、「Adelaide Now」の取材に応じて、次のように再発防止確約しています

「清潔な店舗を確保するためにマクドナルド社が規定した指針を従業員に徹底指導し、常日頃からそれらを確実に実行してもらえるように、私どもは同店のスタッフ一同と綿密な協議を重ねてまいりました。ヒンドリー・ストリート店の従業員たちもこの問題には心を痛めていて、指針に定められた項目をいついかなる時もきちんと遵守するために、骨身を惜しまず熱心に働いてくれています」(訳:Kirara405)

このコメントを読むと、ヒンドリー・ストリート店の汚マック状態は完全に解消されて、再発する心配がなくなったような印象を受けますけれど、このインタビュー記事が「Adelaide Now」のサイトに掲載されたのは4月16日で、例の動画がYouTubeにうpされて再生数17万回を記録した汚マックYouTube祭りからまだ1週間もたっていない時期なんですよね――つまり、汚マック騒動が起きてからわずか数日ほどで、スタッフ一同の意識改革に成功し、店内の衛生管理も劇的に改善されたと・・・

そんな簡単に店をきれいにできるのなら、もっと早くから指導しろよとツッコミたくなるのは、σ(・Д・)だけでしょうか?――てか、ジェレミー君が指摘したように、汚マック状態の背景に深夜勤務のスタッフ不足という問題があったとしたなら、いくら指導や勧告を行って改善を図っても、深夜勤務の人数を増やさないかぎり、喉元過ぎれば熱さを忘れて元の木阿弥になりかねません。。。

それでもやはり・・・are you lovin' it? f(^-^; ポリポリ

画像
写真上:Googleのストリートビューで見たヒンドリー・ストリート店――この映像が撮影された当時は、汚マックの気配など微塵も感じられません




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ストリートビュー 画像
【50%OFF】【新作】ブルーツールの猫版、パープル。犬も使える♪♪ファーミネーター(S) アンダーコート除去の強&#12316;い味方♪【秋アイテム1001 お手入れ】【ストリートビュー】【ペットグッズ】【ミャウリンガル】【ペット用品】【犬】【猫】【猫用品】【犬用品】【ブラシ】商品価格:5,980円レビュー平均:4.5 google ストリートビューが見れません どうしたら見れるようになるんでしょうかgoogle ストリートビューが見れません どうしたら見れるようになるんでしょうかmap... ...続きを見る
今日の重要ニュース(ダイジェスト版)
2009/05/16 11:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゴミ箱が一杯になったら、その場に捨ててたんですかねぇ・・・
店員とかの問題じゃなく、客にも問題があったんでは??
と思っちゃいます(笑)
オージー=大雑把っていうイメージ通りなんすかね
文化的な発信も少ないし・・・
いまいち好きになれないです
お隣ニュージーランドとイメージが違いすぎ
レオポン
2009/05/17 17:38
σ(・Д・)の中でもオーストラリアのイメージは絶賛ダウン中で、オージービーフすら買う気がしなくなって・・・てか、もともと牛肉自体あまり食べないんですけど

それにしても、あの汚マックの状態は、どう考えても営業停止レベルですね――というか、日本だったら口コミで客が逃げていきそうですけど・・・
つべの動画を再生しながら、この店のトイレの状態を想像して、胸が悪くなってきました・・・
Kirara405
URL
2009/05/18 00:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

photo of the day



news


magazines


access counter & fortunetelling






ロマンス花水木
お気に入りリストを表示
恐怖のゴミ屋敷汚マック――とんでもないオーストラリアpart 3・・・w ロマンス花水木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる