アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
過去に囚われたヒロイン・・・
過去に囚われたヒロイン・・・ 少々乱暴な言い方をしますと、ロマンス小説というのは、それぞれの作家の好みやクセに由来する多少の差異はあっても、おおむねワンパターンのストーリー展開がお約束になっています。。。(*^ヮ')b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/20 12:31
ヒーローも傷ついている・・・
ヒーローも傷ついている・・・ 3ヵ月ほど間があいてしまいましたけど、前回に引き続きソフィー・ウエストンのロマンス小説をとりあげてみます..._〆(゚▽゚*) メモメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/15 07:50
傷ついたヒロインたち・・・
傷ついたヒロインたち・・・ 久々にロマンス小説をとりあげてみます..._〆(゚▽゚*) メモメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/13 00:49
トラブルから始まった恋・・・
トラブルから始まった恋・・・ 「飽くなき情熱」が、ヒーローのキャラクター設定その他でリン・グレアムの異色作にあたるならば、これぞリン・グレアムという作品には、どういうものがあるのでしょうか・・・(~ヘ~;)ウーン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 04:42
リン・グレアムの異色作・・・
リン・グレアムの異色作・・・ お約束のようにラテン系の大富豪傲慢男がヒーローを務めるリン・グレアム作品にも、やはり例外はあるようで、イギリスの田園地帯を舞台にした「飽くなき情熱」では、浅黒い肌と黒髪に黄褐色の瞳をもったイギリス人のヒーローが登場します_φ(´ε`*)ポッ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 01:27
ロマンス小説のラテン系ヒーローといえば・・・
ロマンス小説のラテン系ヒーローといえば・・・ いろいろ意見は分かれるでしょうけど、その代表格としてリン・グレアム作品に登場するヒーローが挙げられると思いますφ(σ_σ)メモメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/24 14:20
これって、「レベッカ」の本歌取り・・・?
これって、「レベッカ」の本歌取り・・・? 今回ご紹介するのは、リンゼイ・アームストロングの「悪女の仮面」です・・・((φ(..。)カキカキ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/08 20:52
恋を怖れるヒロインは・・・
恋を怖れるヒロインは・・・ 今回もサマンサ・デイの作品をご紹介します_〆(。。)カキカキ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/03 23:49
カナダの自然と少女と犬と・・・
カナダの自然と少女と犬と・・・ 今回ご紹介するのは、サマンサ・デイという、残念ながらあまり知名度の高くない作家の作品です。。。( ´〜`)ん〜!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/02 12:50
異色のベティ作品って・・・
異色のベティ作品って・・・ ベティ・ニールズの小説で、医者も看護婦もオランダ人も一切出てこない作品はないのかと思ったら、これがちゃんとあったんですね〜、異色のベティ作品が・・・( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/29 19:00
ベティ・ニールズ作品のもうひとつのパターン・・・
ベティ・ニールズ作品のもうひとつのパターン・・・ 前回、ベティ・ニールズ作品に共通するパターンをいくつか挙げてみましたが、ひとつ抜け落ちてた項目があるので、追加しておきます_〆(。。)カキカキ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/25 01:39
ロマンス小説の「黄門様」?・・・
ロマンス小説の「黄門様」?・・・ ただでさえストーリー展開がマンネリ化しているロマンス小説のなかでも、ここまでワンパターンを貫けばもはや立派な芸になるのが、ベティ・ニールズの作品です。。。(ノ´▽`)ノオオオッ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/24 14:12
身勝手なヒーローに腹が立ったけど・・・
身勝手なヒーローに腹が立ったけど・・・ なんかダイアナ・パーマーのヒーローの悪口ばかり書いてるみたいですけど、蹴りを食らわしてやりたいほど嫌いなキャラはごく一握りだけで、大半は「こいつバカだよな〜」ていどですんでますので・・・(;^_^A アセアセ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/22 15:24
鬼畜系のお間抜けヒーローって・・・
鬼畜系のお間抜けヒーローって・・・ ダイアナ・パーマーの鬼畜系ヒーローのなかには、読んでて呆れるくらいのマヌケというか、おバカなキャラも出てきますβακα..._φ(゚∀゚ )アヒャ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 12:42
ロマンス小説の鬼畜・ゴーマン系ヒーロー・・・
ロマンス小説の鬼畜・ゴーマン系ヒーロー・・・ 鬼畜・ゴーマン系ヒーローと言えば、やっぱりダイアナ・パーマーでしょうね。。。(^レ^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 12:45
攻殻機動隊S.A.C藤咲本の第2弾・・・
攻殻機動隊S.A.C藤咲本の第2弾・・・ 今回ご紹介する「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX〜凍える機械」も、「虚夢回路」と同様に、藤咲淳一氏が執筆したS.A.C外伝本にあたります__φ(゜ー゜*)フムフム ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/16 09:03
TV版攻殻機動隊の世界を活字で再現・・・
TV版攻殻機動隊の世界を活字で再現・・・ 今回とりあげる「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX〜虚夢回路」は、S.A.CことTV版攻殻機動隊のファンならば、ハマること請け合いのオリジナル・ストーリーです...ワクテカ。.:*・゜从n^▽^从η゚・*:.。.ミ ☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 10:29
子犬とクラブと殺人と・・・
子犬とクラブと殺人と・・・ 「Mr. パーフェクト」と同じように、読んでいて楽しくなるリンダ・ハワード作品が「パーティガール」です。。。((o(´∀`)o))ワクワク ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/13 13:11
久々にロマンス物でも・・・
久々にロマンス物でも・・・ W杯も終わったことだし、久々にロマンス物――ロマンティック・サスペンスでもとりあげるとしますか....φ(・ω・` )カキカキ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 18:58
超能力者のヒロイン物といえば・・・
超能力者のヒロイン物といえば・・・ リンダ・ハワード以外にも、シャーロット・ラムの「心にささやいて」という作品が、ハーレクインから出てましたね〜ξ*^ー゚)b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 06:53
ハーレクインの本歌取りって・・・
ハーレクインの本歌取りって・・・ 外国のとある学者さんの説によると、恋愛小説(含ロマンス小説)というのはおおむね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/26 06:46
ロマンティック・サスペンスの原点といえば・・・
ロマンティック・サスペンスの原点といえば・・・ やはりアガサ・クリスティーでしょうねv(^0^)v ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 21:01
ロマンティック・サスペンスを知ったのは・・・
ロマンティック・サスペンスを知ったのは・・・ ロマンス小説を読み始めて間もない頃に、ジェイン・A・クレンツの「ばらと魔女」という作品を読みましたξ*^ー゚)b ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 11:37
リンダ・ハワードでびっくりしたことと言えば・・・
リンダ・ハワードでびっくりしたことと言えば・・・ 最近はハーレクイン文庫やMIRA文庫で、昔の作品が復刻されたり、新訳で改訂版が出てたりしてるので、状況はだいぶ良くなっているのでしょうけど、一頃、リンダの作品って入手困難なのが多かったらしいですね^_^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 20:57
リンダの超能力者ヒロインといえば・・・
リンダの超能力者ヒロインといえば・・・ 「黄昏に生まれたから」でリンダ・ハワードの作品にハマり、ロマンティック・サスペンスにハマり、ひいてはロマンス小説にもハマってしまいました・・・σ(^_^;)アセアセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 00:07
ロマンスといえば・・・
ロマンスといえば・・・ わたしがロマンス小説にハマった一番のきっかけは、やはりリンダ・ハワードの「黄昏に生まれたから」を読んだことでしょうか゚+.(・∀・)゚+. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/22 21:00

トップへ | みんなの「本」ブログ

photo of the day



news


magazines


access counter & fortunetelling






ロマンス花水木
お気に入りリストを表示
ロマンス花水木 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる