パクリ批判はオリジナルに失礼!?――「霊珠」スタッフの呆れた言い訳・・・

TWINSジリアン復帰作は「犬夜叉」の“パクリ”!高橋留美子ファンが激怒――中国 2010年1月8日、人気ユニットTWINSのジリアン・チョン(鍾欣桐)主演ドラマ「霊珠」について、日本のコミック「犬夜叉」の“パクリ”疑惑が持ち上がった。成都晩報が伝えた。 一昨年はじめに発生した「わいせつ写真流出事件」のダメージで、活動休止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさぐれちゃった白雪姫――また○○か・・・

の画像は、誰でも知ってる有名なグリム童話に出てくる白雪姫と七人の小人・・・のはずなのですが、なんかヒジョーにおかしい、てか、おかしすぎるような。。。(ノ∀`)アチャー 実はこの白雪姫まがいのキャラは、Snow WhiteならぬHo Whiteと呼ばれていて、あえて日本語に訳すとしたら、“夜鷹姫”とでも命名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

漢字は韓字でウリナラ起源ニダ!――だがその前に・・・

いろんな意味で世界を驚かせた北京五輪の開会式から間もなく1年が経過しようとしていますが、この開会式で披露された中国四千年の歴史と発明をテーマにしたアトラクション――孔子(写真上:左)・紙(写真上:右上)・活版印刷(写真上:右下)などをモチーフにした豪華絢爛な演し物には、実はもうひとつの裏テーマが隠されていたのでした。。。ホゥホゥ(o-∀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

○○は災いの元――イタリアの歩く地雷原?ベルルスコーニ首相の女難列伝・・・

岸辺をそぞろ歩きながら、携帯電話でのおしゃべりに夢中になってる恰幅のいい男性――この人物こそ誰あろう、数々の失言・方言で世間を騒がせ、時には外交問題まで引き起こしてきた、イタリアの歩く火薬庫or地雷原ことシルヴィオ・ベルルスコーニ首相(御年72歳・お直し済!)にほかなりません――実はこの時も、ベルルスコーニ首相はなにげに外交非礼を犯して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恐怖のゴミ屋敷汚マック――とんでもないオーストラリアpart 3・・・w

南オーストラリア州の州都で緑豊かな文化と芸術の都としても知られ、卓越した設計による街並みの美しさから「世界で最も住みたい都市」の一つに挙げられているアデレード(写真上左)――そのアデレードがこの4月半ばから、「世界で最も住みたい都市」の名声を返上したくなるような不名誉きわまりない騒動で、世界の注目を集めています。。。{%顔文字驚きhde…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

オージー学者のニッチな研究――とんでもないオーストラリアpart 2・・・w

天気が悪いほうが記憶力が高まる、豪大研究結果(AFP) オーストラリアのニューサウスウエールズ大学の研究チームが行った実験によると、太陽が燦々と輝いている晴天の日よりも、寒くて風が強く雨の降っている荒天の日(ただし、荘重なクラシック音楽のBGM付)のほうが、人間の記憶力は3倍もUPするそうです{%雨w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美人市議の仰天告白――とんでもないオーストラリアpart 1・・・w

カメラに向かって婉然と微笑みかける美女――実はこの女性、オーストラリアのクイーンズランド州ローガン市で市議会議員をしているハイナル・バンさん(31)で、つい最近、ある衝撃的な告白をしちゃって注目を集めました――といっても、「実は男でした」なんてありきたりな話ではなく(まあ、そっち系の顔をしてはいますが)、なんと8年前に整形外科の手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュールすぎる遊び場と最凶の遊具―リアル世界珍百景番外編・・・

この珍百景シリーズの元サイトにあたる「Dark Roasted Blend」には、ほかにも「Nightmare Playgrounds」というシリーズがあって、タイトルそのままに夢でうなされそうな公園や遊び場や遊具類などが紹介されています (-_-)oO(………) 中には趣味の違いで片付けられるレベルのものもありますが、その多くは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォトショと悪夢の産物??―リアル世界珍百景part 1・・・

ご無沙汰いたしております 。o☆オヒサ(P∀`q。)ヒサ☆o。 前回の更新から1年半もの歳月が流れてしまい、ほとんどの方がこのブログはもう終了したと思われたことでしょうが、実を申しますと、ここ1年あまりというもの、プライベートでいろいろありすぎて、正直ネットどころではありませんでした。。。(;´д`)=3トホホ・・ 幸い、一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パクリーランド再び・・・

ディズニーや日本のアニメ・キャラを片っ端から劣化コピーしまくって、世界中の失笑を買ったあの北京のパクリーランドこと石景山遊楽園が、あれから半年近くたって、さらに斜め上への進化を遂げているそうです。。。(~ー~) ヘエ~ コアニュースさんの取材によると、園内には目だけが妙にリアルなハム太郎がいまだに放置され、日本のアニメや特撮物…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

あの弁護団のあの弁護士が送りつけた怪文書・・・?

TVに顔を出すだけで、お茶の間の視聴者を不愉快にさせるキャラといえば、最近では格闘技界から次々とアンチヒーローが誕生しているようですが、その言動が伝えられるたびに、多くの国民をやり場のない怒りに駆り立ててきた点においては、光市母子殺害事件のF被告とその弁護団の最凶コンボに勝る存在はないかもしれません
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人の振り見て罵りあう、目くそ鼻くそクオリティw・・・

え~、毎度おなじみの特亜お馬鹿ネタを一席・・・ψ(*`ー´)ψウケケ 「韓国人が総長なのに…」 国連本部に‘変な太極旗’ 国連本部前の‘変な太極旗’が取り替えられる。ニューシスが18日(以下、現地時間)、太極マークが小さい太極旗が国連本部前に掲揚されていた事実を報道したことを受け、韓国国連代表部は19日、「国連代表部が保管し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上は大火事、下は氷水って・・・

え~、このブログでは、特亜ネタを扱う場合に、ともかくその斜め上っぷりが如実に示されたエピソードをご紹介して、読者の皆さまに楽しんでいただこうという基本方針をとっておりますが、さすがに9月14日にソウルで発生したこの事件は、TPO及びその原因がかの国の予定調和の域をはるかに超えていて、斜め上のことをやらせたら右に出る者はいない特亜の雄・韓…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう、どんだけ~なロシアン・ウェディングw・・・

「新郎新婦がえらいことになっている結婚式の写真いろいろ」 所変われば品変わると言われてますが、人生で最も華やかで幸福な瞬間であるべき結婚式の場においてもロシア人は、帝政時代からのアネクドート(小話)で鍛えあげられた由緒正しいロシアン・ジョークの精神を遺憾なく発揮してくれているようで・・・Σ(´∀`;) ----*----*-…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「クレタ人のパラドックス」と段ボール肉まん・・・

「クレタ人は嘘つきだ」と、クレタ人が言った。 世界中の度肝を抜いた中国の段ボール肉まん騒動が、7月18日の夜を境にして、実はテレビ局のヤラセだったという、それなんて関西テレビwな斜め上の展開をたどっています。。。(`・∀・´)ほー そもそもこの段ボール肉まん騒動、北京のローカル局である北京テレビの人気番組「透明度」でOA…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

失笑!嘲笑!メガワロスw!伝説の「宇宙黒騎士」・・・

注)この記事には、一部刺激的な画像が含まれておりますので、熱狂的なガンダム・ファンで心臓や血圧に問題がある方、ガノタ原理主義者の方などは、閲覧をご遠慮ください。 去る6月19日からサービスを開始した日本語版YouTubeで映像を漁っていたところ、かねてから一度は見ておきたいと思っていた伝説のパクリ・アニメ「宇宙黒騎士」を発見{%e…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カルト?オカルト?日帝残滓「呪いの杭」・・・

去る5月29日、韓国の国営放送KBSの朝8時のニュースで、思わず耳を疑いたくなるようなトンデモ報道が行われ、朝っぱらから韓国人の反日感情を盛大に煽り立てていました。。。ヽ(`⌒´♯)ノ ムッ 「木杭」の正体は? 女性キャスター:我が民族の精気を断つため、日本が強占期中に我が国のあちこちに金属杭を打ち込んだ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

過去に囚われたヒロイン・・・

少々乱暴な言い方をしますと、ロマンス小説というのは、それぞれの作家の好みやクセに由来する多少の差異はあっても、おおむねワンパターンのストーリー展開がお約束になっています。。。(*^ヮ')b それでも物書きの性とでもいうのでしょうか、どの作家も一度は自分のスタイルから多少はずれた異色作に取り組んでいるふしがあります――ただし、そうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弾丸“盗賊”列車vs故障鉄道KTX――特亜鉄道事情・・・

弾丸列車「1か月検診」、備品持ち去られボロボロ―河南省鄭州市 4月18日の午前0時に鳴り物入りで開業した中国の第6次高速鉄道こと弾丸列車「和諧号」が、わずか1ヵ月でとんでもない事態に陥ってしまったようです 開業からちょうどひと月たった5月17日に、河南省鄭州市の鉄道局検査場で定期点検を行ったところ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ヒーローも傷ついている・・・

3ヵ月ほど間があいてしまいましたけど、前回に引き続きソフィー・ウエストンのロマンス小説をとりあげてみます..._〆(゚▽゚*) メモメモ 今回ご紹介するのは、12年前にハーレクイン・イマージュ・シリーズから刊行された「凍りついた心」(I-938)という作品です 強引・傲慢なラテン系ヒーローやシーク物が主流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディズニーはやはり遠すぎた、けど・・・

模倣キャラクターで注目の遊園地が「緊急対応」 中国 ディズニーのみならず日米の有名キャラの劣化コピーを各種取りそろえたことで一躍有名になった、中国国営パクリーランドこと北京の石景山遊楽園が、園内にあふれかえっていたパクリキャラを一掃し、ディズニー臭の排除に乗りだしたそうです。。。( ´_ゝ`)フーン 入り口に掲げられ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「ディズニーランドは遠すぎる」ので・・・?

海賊版天国の中国が、またまた快挙?を達成しました 国営アミューズメント・パークで、ディズニー模倣 - 中国 【北京/中国 20日 AFP】「ディズニーランドは遠すぎる」をスローガンにする中国国営のアミューズメント・パークがある。この北京石景山游来園(Shijingshan Amusement P…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

“幸運な”韓国、“不運な”日本・・・?

去る4月2日に、アメリカと韓国の懸案事項だった自由貿易協定(FTA)の交渉が、紆余曲折を経た末にようやく落としどころを見つけて、めでたく両国間での合意にこぎつけました。。。( ´_ゝ`)フーン おおざっぱな合意内容を見ると、韓国側が主張して譲らなかったコメ開放の棚上げが例外的に認められるなど、一見するとアメリカが大幅な譲歩をし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ドラキュラ城の運命は・・・?

“ドラキュラ城”売ります――94億円売却に住民激怒 ドラキュラ伝説の本場として知られるルーマニアのトランシルヴァニア地方が、今、伝説の舞台となった“ドラキュラ城”ことブラン城の売却話に騒然としているそうです。。。(´・∀・`)ヘー 実はこのブラン城、ルーマニアきっての観光名所であるにもかかわらず、個人の所有物にな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

小さな愛国心、大きな迷惑・・・

「Korean say "I'm Japanese".」 最近ネット界を賑わせている韓国人の「アイ・アム・ザパニーズ」騒動、そもそもの発端は、約1年半前の2005年8月8日に、韓国SBSでOAされた「野心満満」というバラエティ番組内で、出演者が行った次のような反日発言にありました。。。(~_ーメ) ヒクヒク 韓国人俳…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

神曰く、隣に○○を入れておいた・・・

スイス軍、ついうっかりとリヒテンシュタインに侵攻 2007年3月2日(金)10:01PM AP通信 チューリッヒ(スイス):スイス軍歩兵中隊が、夜間行軍で道に迷って隣国へ侵入し、通常の訓練として始まった軍事演習を、すんでのところで厄介な外交問題にもなりかねない事態へと発展させてしまった。 スイスの日刊紙「ブリック」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジダンが拒否した本当の理由・・・?

注)この記事の99%は憶測で構成されています。    この記事の1%は事実で構成されています。 ジダン氏「中国人選手は乱暴」チャリティー試合拒否 2006年のワールドカップを良くも悪くも盛り上げた元フランス代表のジヌディーヌ・ジダンが、現役引退後も相変わらずホットなところを見せています。。。ォオー!!(゚д゚屮)屮 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青いキリン」と緑のペンキ・・・

ある酔狂な大富豪が言った。 「もしも青いキリンを私に見せてくれたら、莫大な賞金を出そう」 それを聞いたそれぞれの国の人たちはこんな行動をとった。 イギリス人は、そんな生物が本当にいるのか、徹底的に議論を重ねた。 ドイツ人は、そんな生物が本当にいるのか、図書館へ行って文献を調べた。 アメリカ人は、軍を出動させ、世界中…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

傷ついたヒロインたち・・・

久々にロマンス小説をとりあげてみます..._〆(゚▽゚*) メモメモ 今回ご紹介するのは、20年以上も前からハーレクイン・イマージュのラインナップに名前を連ねてきた、イギリスのベテラン作家ソフィー・ウエストンの作品です*:.。☆..。.(´∀`人) ここ数年来、というか2002年に刊行された「億万長者のプロポーズ」(I-15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more