テーマ:ソフィー・ウエストン

過去に囚われたヒロイン・・・

少々乱暴な言い方をしますと、ロマンス小説というのは、それぞれの作家の好みやクセに由来する多少の差異はあっても、おおむねワンパターンのストーリー展開がお約束になっています。。。(*^ヮ')b それでも物書きの性とでもいうのでしょうか、どの作家も一度は自分のスタイルから多少はずれた異色作に取り組んでいるふしがあります――ただし、そうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーローも傷ついている・・・

3ヵ月ほど間があいてしまいましたけど、前回に引き続きソフィー・ウエストンのロマンス小説をとりあげてみます..._〆(゚▽゚*) メモメモ 今回ご紹介するのは、12年前にハーレクイン・イマージュ・シリーズから刊行された「凍りついた心」(I-938)という作品です 強引・傲慢なラテン系ヒーローやシーク物が主流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷ついたヒロインたち・・・

久々にロマンス小説をとりあげてみます..._〆(゚▽゚*) メモメモ 今回ご紹介するのは、20年以上も前からハーレクイン・イマージュのラインナップに名前を連ねてきた、イギリスのベテラン作家ソフィー・ウエストンの作品です*:.。☆..。.(´∀`人) ここ数年来、というか2002年に刊行された「億万長者のプロポーズ」(I-15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more